一度は試したい!不登校におすすめの教材をチェック ▶︎

【高卒認定】経験者が語る!1日の流れと注意事項をまとめました

当サイトにはプロモーションが含まれています。
高卒認定 当日 注意事項
  • 高認の1日の流れを知りたい!
  • 雰囲気を知りたい!
  • 注意事項をチェックしたい!
  • なるべく失敗を減らしたい!

そんなあなたに向けて、この記事では、経験者だからこそわかる1日の流れと注意事項をまとめました。

ゆず

知っておきたいポイントがたくさんあるので、ぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次

ゆずと申します。
この記事を書いた人
  • おうち部」管理人
  • 20代の通信大学生
  • 【経歴】理由もわからず不登校→偏差値70の高校に合格→病気で高校中退→寝たきり→高認→通信制大学&在宅ワーク
  • わたしが絶望していた時代に「これ知りたかった!」と思う情報やリアルな体験談を発信中です。

高認の勉強方法はこちらの記事にまとめています。

よかったらご覧ください。

わたしの受験情報

  • 受験日:2020年8月12日・13日
  • 会場:東京会場
  • 受験科目:3科目

以下でお話しする内容は、2020年時点の情報になります。

現在は変わっている部分もあるかもしれないので、参考程度にしてもらえるとありがたいです。

⬆︎目次へ戻る

当日までに確認しておくべきもの

高卒認定試験当日までに、確認しておくべきものは以下の3つです。

  1. 文部科学省のHP
  2. 高卒認定試験の公式Twitter
  3. 受験票とともに送られてくる用紙

文部科学省のHPや高認のTwitterでは、高卒認定試験に関する最新の情報を発信しています。

定期的に確認しておきましょう。

受験票と一緒に送られてきた紙には、試験の重要事項が記載されているので熟読しておいてください。

文部科学省の公式HPはこちら⬇︎

文部科学省「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」

高認の公式Twitterはこちら⬇︎

文部科学省 中卒・高卒認定試験

⬆︎目次へ戻る

コロナ禍受験の感想

わたしが受験したときは、座席が前後左右2席分以上空いており、教室内の人数は少なかったです。

試験中のソーシャルディスタンスは守られていました。

また、窓は空いていないものの、代わりに空調がついています。

ここまでは良いのですが…

控え室が密なんです。

冷房がついた場所(控え室)は限られており、密が嫌なら外で!という感じ。

ですが、この日は雨も降っていて本当に蒸し暑くて…。

高認の場合、すべての科目を受験するわけではないので待ち時間ができるでしょう。

1科目分の待ち時間では会場外に行くほどの余裕もありません。

もう少し待機場所が増えることを望みます。

⬆︎目次へ戻る

高認の1日の流れ

高卒認定試験の1日の流れは、ほかの多くの試験とほぼ同じです。

わたしが受験したときの1日の流れをサクッとまとめました。

  • 公式Twitterや持ち物をチェック
  • 受験する科目の時間に合わせて準備
  • 出発
  • 到着
  • 会場入口の受付で、試験監督から受験番号を聞かれる
  • 会場案内図と受験内容(科目、時間)、席の番号が書かれた紙をもらう
  • 該当の教室に入る
  • 試験10分前に問題用紙が配られる
  • 試験開始
  • 50分間の試験終了
  • 次の科目まで待つ
  • 自分が受けるべき科目がすべて終わったら帰宅

⬆︎目次へ戻る

【必見】高認当日の注意事項

高卒認定試験当日の注意事項を、実際に受けてみてわかったこと・気づいたことを交えてお話ししていきます。

体温調節できる羽織りものが必要

会場内(教室内)はクーラー&空調ガンガン。

ソーシャルディスタンスによる人の少なさもあって、本当に寒かったです。

幸いわたしはカーディガンを持っていたのですが、それでも手が凍えそうでした。

まわりも、この(⬇︎)ポーズをしている方ばかり。

集中して試験を受けるためにも、寒さに自信のある方以外は羽織りもの必須です。

解答用紙はしっかり見直すべき

解答用紙はしっかり見直すべきです。

  • 必要事項(名前や受験番号)が間違いなく書かれているか
  • 選択科目・問題の場合は、解答用紙に記載した科目・問題と実際に解いた科目・問題が合っているか
  • マークシートのズレはないか

とくに上の3つは、終了10〜15分前になったら絶対に確認してください。

ギリギリだと間違いがあったときに修正する時間がなくなってしまいます。

なるべく余裕をもって確認しましょう。

ゆず

さらに余裕があれば問題自体の見直しも行ってください。

注意

高認の一部科目では、「マークシートに記載されている問題番号」と「実際の問題数」がピッタリ合っていません。

例:問題数は35問だが、マークシートは40番まで回答欄がある

ズレが生じないよう要注意です。

昼食や飲み物を持参するべき

東京会場の場合ですが、かなりの受験者がいました。

近隣店舗は混み合っており、短い休憩時間で会場外へ行き、ご飯を食べて、開始10分前までに戻ってくるのは難しいように感じます。

昼食や飲み物など必要なものはすべて持参すると安心です。

時計を持っていくべき

会場に時計がないこと、たとえあっても自分の席からは見えないことが考えられます。

試験において時間配分は大切です。

必ず時計を持っていくようにしましょう。

不確かな記憶で申し訳ないのですが、試験終了10分前と5分前には試験監督から合図があった気がします。

もし時計がないときは、この合図を参考にするといいですね。

スマホやApple Watchなどは時計としての利用ができないので注意してください。

試験の30分前には到着するべき

当たり前かもしれませんが、当日は余裕をもって行動しましょう。

開始10分前には問題用紙が配られます。

それまでには教室に入って、自分の受験番号が記載された席に座っているようにしてください。

わたしの体験談

わたしは試験2日目のとき、開始5分前に到着というハラハラな状況になってしまいました。

本当は公共交通機関を使わなければいけないのですが、持病であまり歩けないため車で向かっていたんです。

そうしたら、1日目にはなかった渋滞に巻き込まれてしまいました。

1日目と同じくらい余裕をもって家を出たのにギリギリ到着。

ゆず

本当に焦りました。

⬆︎目次へ戻る

高認当日の注意事項まとめ

試験当日はいろいろと不安なことがあると思います。

勉強してないし、どうせ合格しないから行くのやめようかな。

なんて思ってるあなた。

とにかく会場に向かいましょう。

高認はマークシート&4択タイプの試験なので、勘だけで合格できる可能性もあります。

一気に全科目合格する必要もありません。

緊張しないで落ち着いて、気楽に受けてみてくださいね(^^)

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトの内容は、主にわたしの体験談をもとに作成しています。不登校は100人いれば100通りなので、対応に正解はありません。記事内容は、ヒントにしていただければ幸いです。また、身バレ防止のために一部事実とは異なる箇所もございます。ご了承ください。

高卒認定 当日 注意事項

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次