一度は試したい!不登校におすすめの教材をチェック ▶︎

【ありのままのわが子を受け容れるには?】難しいけどすごく大切なこと

当サイトにはプロモーションが含まれています。
ありのままのわが子を受け入れるには?難しいけどすごく大切なこと


子どもが不登校になると、

「ありのままのわが子を受け容れてください」

とアドバイスをもらうことが多いと思います。

でも、これが本当に難しい。

学校に行かない、元気がない子どもを見ていると、イライラしたり苦しくなったり余計なことを言ってしまったり。

ときには、頭がマグマのように熱くなり、カッとなって怒ってしまう。

あぁ、またやってしまった…」と受け容れられない自分を責めてしまうことも多いでしょう。

今回は、ありのままのわが子を受け容れる方法についてわたしの考えをまとめました。

難しいけどすごくすごく大切なことだと思うので、ぜひ最後までご覧ください。

ゆず

肩の力を抜いて読んでいただけると嬉しいです。

この記事のまとめ
  • ありのままのわが子を受け容れるためには、親自身がありのままの自分を受け容れることが大切
  • 自己受容の第一歩は、ありのままの感情や思いをそのまま感じること
  • 自己受容は簡単なことではない
  • 年単位の時間がかかることも多い
  • それでも繰り返し繰り返し自分に寄り添うことが自分を許すことにつながる
  • 子どもと一緒にゆっくりじっくり少しずつ成長していこう
タップできる目次

ゆずと申します。
この記事を書いた人
  • おうち部」管理人
  • 20代の通信大学生
  • 【経歴】理由もわからず不登校→偏差値70の高校に合格→病気で高校中退→寝たきり→高認→通信制大学&在宅ワーク
  • わたしが絶望していた時代に「これ知りたかった!」と思う情報やリアルな体験談を発信中です。

本記事は、わたしの体験談や考えをもとに作成しています。不登校の対応は人によって異なりますので、参考程度にしていただけると幸いです。

ありのままのわが子を受け容れるには?【結論:親自身の自己受容】

結論からいうと、まずは親自身がありのままの自分を受け容れること。

これが子どものエネルギー回復の鍵になると思っています。

「自分を好きになろう!」と言っているわけではありません。自己肯定感を上げるわけでもありません。

ただただ、今の自分をそのまま受け容れることが求められます。

ゆず

いわゆる「自己受容」と呼ばれるものですね。

人は自分を大切にできて、はじめて相手を尊重できます。

自分を犠牲にしてまで相手の欲求を満たそうとすれば、我慢とストレスが積み重なり、いつかは爆発してしまうでしょう。

「子どもを見守らなきゃ」と我慢して、ストレスをためて、定期的に大噴火してしまうのは不登校あるある。

さらにこの状態が続けば、自分を犠牲にさせる相手(子ども)を憎んだり恨んだりしてしまうかもしれません。

自分で自分にOKを出せないから、他人の言葉や評価に振り回されたり、人と自分を比べて焦ったり妬んだり落ち込んだり。

さらに、行動や選択をした後も、「これでよかったのだろうか」という迷いが、頭のなかをずっとグルグル。

このように自分の気持ちを抑えてしまう人は、子どもの頃から「いい子」だった場合が多いです。

いい子の一例
  • 期待に応えないと親が不機嫌になる
  • 親の顔色をうかがって生きてきた
  • 親の期待に応えようと頑張ってきた
  • 他人の期待にも応えようとしてきた
  • 世間や親、周りのために生きてきた

あとは、毒親に育てられた場合ですね。

ずっと人のために頑張ってきたので、自分を大切にする感覚を得るには時間がかかるでしょう。

それでも大丈夫。

繰り返し繰り返し自分に寄り添い続けることが、ありのままの自分を受容することにつながります。

自己受容ができれば、自然と相手のことも尊重できるように。

ゆず

わが子も丸っと受け容れられるようになるでしょう。

以下では、今日から具体的にできることを紹介していきます。

⬆︎目次へ戻る

どうやって受け容れたらいいの?

自己受容の第一歩は、Twitter(X)に吐き出すようなありのままの感情状態思いをそのまま受け容れること。

  • 不安でオドオドしている自分
  • 子どもにうまく寄り添えない自分
  • どうしても子どもを受け入れられない自分
  • 一喜一憂がやめられない自分
  • 学校に行ってほしいと思っている自分
  • せめて勉強だけは…と思っている自分
  • 甘え?サボり?と疑ってしまう自分
  • 根性論が捨てられない自分
  • もうちょっと頑張れよと言いたくなる自分
  • 子どもにイラついてしまう自分
  • 過干渉気味にあれこれ言ってしまう自分
  • キラキラした同級生をみて羨ましく思う自分
  • 制服姿の学生をみて涙が出てくる自分
  • こんなはずじゃなかった…と悲しい自分
  • 引きこもりなんて…と感じる自分
  • 青春をゲームばかり…と虚しくなる自分
  • 世間体が気になる自分
  • 周りの人の言葉にやられてしまう自分
  • 今までの子育てを後悔している自分 
  • 私が親じゃなければ…と責めてしまう自分 
  • 逃げ出したいと思っている自分 
  • 子どもの顔をみるのが憂鬱な自分
  • 上手くできない自分を否定してしまう自分

これは一例ですが、すべての自分に

大丈夫大丈夫

それでOKだよ

と伝えてあげてほしいんです。

先ほども述べたようにお父さんお母さん自身の育てられ方や性格、今まで培ってきた価値観があるので、そう簡単には受け容れられないと思います。

  • 考えるのは苦しい、辛い
  • 自分に優しくすることに罪悪感
  • こんなこと本当に意味があるのか

など、いろいろ思うこともあるでしょう。

それでも、繰り返し繰り返し自分を許してあげてください。

辛かったね」「苦しかったね」と共感する言葉をかけてあげてください。

自分の気持ちに寄り添い、自分を許してあげること。

ゆず

これが結果的にありのままのわが子を受け容れることにつながると思っています。

ポイント

これらの感情や気持ちは、できるだけ書き出すことをおすすめします。

ノートやスマホのメモなどなんでも構いません。

わたしも自己受容やトラウマ克服のために、ありのままの感情を味わうことが多いですが、外在化にはすごく効果を感じています。

外在化させることで、頭のなかのグルグル思考がスッキリ。

書き切ったら、最後に「それでいいんだよ」「キツかったね」と自分にメッセージも送るようにしています。

本当に効果があるのか?と疑っている方も、騙されたと思いつつ、まずは試してみてくださいね。

⬆︎目次へ戻る

自己受容を深めたい方へ

さらに自己受容を深めるために、おすすめの方法を2つまとめていきます。

共感できる仲間とつながる

Twitter(X)や親の会などを通して、共感できる仲間とつながることもいいでしょう。

第三者から共感してもらえたり寄り添ってもらえたりすることはメリットがいっぱい。

自分を大切にする感覚も得られると思います。

細かい事情は違っても、不登校の親の多くは似たような悩みを抱えていますからね。

自分だけじゃないんだ

みんなもそう感じてるんだ

と思えるだけでも、自己受容に一歩近づけます。

ありのままの感情で楽しむ

おそらく「いい子」タイプだったあなたは、自分を抑圧して生きてきたと思います。

「将来のために勉強」

「いい大学に行くことが幸せ」

などの社会通念にとらわれ、遊びよりも勉強を優先したり、やりたいことを我慢したり。

でも、これからは自分のありのままの感情にしたがって楽しむことを大切にしてほしいです。

  • ワクワクするものは?
  • 心が踊るものは?
  • 楽しいことは?

もしかしたら、すぐには見つからないかもしれません。長い間、自分の気持ちを抑えてきたので無理もないでしょう。

ゆず

時間はかかっても大丈夫。

何回も自分の心に問いかけることで、ワクワクするもの・楽しめるものを見つけてほしいと思います。

実際にわたしは不登校中、勉強から離れて粘土工作などを子どものように無邪気に遊びました。

あとはガチャガチャを10回以上やったり、満足するまでUFOキャッチャーをやったり。

大きくなったからできることも増えて、ふざけたことも本気でできて、すごく面白かったです。

この自分に素直になる感覚が、結果的に自分を受け容れたり、エネルギー回復したりするのにつながった気がします。

⬆︎目次へ戻る

まとめ:まずはありのままの感情や思いをそのまま受け容れてみよう

最後までご覧いただきありがとうございました
まとめ
  • ありのままのわが子を受け容れるためには、親自身がありのままの自分を受け容れることが大切
  • 自己受容の第一歩は、ありのままの感情や思いをそのまま感じること
  • 自己受容は簡単なことではない
  • 年単位の時間がかかることも多い
  • それでも繰り返し繰り返し自分に寄り添うことが自分を許すことにつながる
  • 子どもと一緒にゆっくりじっくり少しずつ成長していこう

今回は、ありのままのわが子を受け容れる方法についてわたしの考えをまとめてきました。

自分を受け容れるまでには、いろんな葛藤があるでしょう。

でも、その葛藤や悩みがあってこそ、人は成長できると思うんです。

人間は完璧じゃありません。

ゆず

ポンコツで欠けてるところがあって普通。

そんな自分を「ダメだ」って責めるよりは、「これが人間だもの」と受け容れてみましょう。

そうすることで、いつもより少しだけ自分を大切にできると思います。

自己受容ができるまで何年かかってもOK。

子どもと一緒に成長していくつもりで、ゆっくりじっくり自分に寄り添ってもらえたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ゆず

ぜひ関連記事もチェックしてくださいね。

当サイトの内容は、主にわたしの体験談をもとに作成しています。不登校は100人いれば100通りなので、対応に正解はありません。記事内容は、ヒントにしていただければ幸いです。また、身バレ防止のために一部事実とは異なる箇所もございます。ご了承ください。

ありのままのわが子を受け入れるには?難しいけどすごく大切なこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次